産経ニュース

【法廷から】「動かなくなっても水かけた」千葉・市川の自立支援施設で管理人の女 入居者暴行死の一部始終

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【法廷から】
「動かなくなっても水かけた」千葉・市川の自立支援施設で管理人の女 入居者暴行死の一部始終

 川久保さんを死なせた日は、施設で大掃除があったが、川久保さんは参加しなかった。川久保さんの部屋は生ごみが放置され、コバエが湧くほどだった。仕方なく川久保さんの代わりに掃除した。

 その日の夕食時間、禁止していたサンダルを履いてきた川久保さんを見て、怒りが頂点に達した。押し倒して暴行した。

 「事件の被害者の方に心より申し訳なく思います。どのように謝罪してよいのか分かりませんが、反省しています。今後は前を向いて真摯(しんし)に罪を償おうと思います」。最終陳述で生田被告は涙をすすりながら述べた。

 検察側は生田被告に懲役10年を求刑。一方、弁護側は「犯行は被告の強いストレスによるもの」と懲役3年が相当と主張した。判決は20日に言い渡される。

「ニュース」のランキング