産経ニュース

山形「日本一の芋煮会」16日開催 “主役”3代目「鍋太郎」がギネスに挑戦!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


山形「日本一の芋煮会」16日開催 “主役”3代目「鍋太郎」がギネスに挑戦!

16日に向けて、出番を待つ3代目鍋太郎。直径6メートル50センチある=山形市緑町 16日に向けて、出番を待つ3代目鍋太郎。直径6メートル50センチある=山形市緑町

 同時に、「日本一」だけではなく「世界一でギネス登録」を目指そうとした関係者だったが、中国に直径10メートルの巨大鍋があることが判明。ギネス側から「8時間で最も多く提供されたスープの数」でのチャレンジを逆提案されたという。

 「日本国内はおろか世界でも挑戦した例はなく、8時間で最低5000食の提供が条件」といい、芋煮会を主催する協議会事務局の尾関智昭本部長(44)は「これならいける。日本一から世界一」と、機運が一気に高まったという。

 芋煮会は屋外でのイベント。昨年は雨天だったが、約2万4000食を、大雨だった一昨年も2万1000食をそれぞれ提供しており、優に5000食は超えている。世界一の座は余裕と思いきや、ギネス記録の認定は容易ではない。量ではなく、何人に配食したかによるからだ。

 芋煮会は例年、行列を避けようと、「○人分ください」と1人で複数人分を頼む人が多いが、これだと「1人」と算定されてしまうという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 山形「日本一の芋煮会」16日開催 “主役”3代目「鍋太郎」がギネスに挑戦!

関連ニュース

「ニュース」のランキング