PR

ニュース プレミアム

【スポーツ Catch Up】礼儀正しいブレーク候補 ゴルフ男子・フジサンケイクラシック8位の松原大輔

Messenger

 まっすぐな性格は報道陣への丁寧な受け答えからも伝わってきた。今大会では2日目まで星野陸と同組。自身も2打差の3位で予選を通過し、優勝を狙える位置につけていたが、どうしても星野陸絡みの質問が多くなった。

 それでも嫌な顔一つせず、手を前に組んで姿勢正しく、はきはきと回答。「今ではいろんなことを教えてもらう関係。一緒に回っていろいろ学んだ」「彼は自分の限界を作らず、どんどん攻めていくから、どんな厳しい状況も打破できる。すごく勉強になる」。先輩風を吹かすことなく、日大を中退して先にプロの道に進んだ後輩をほめちぎった。

 昨年プロになった妹の由美(19)も09年の日本女子アマ選手権に史上最年少の10歳4カ月で出場を果たすなど、数々の最年少記録を打ち立ててきたホープで、いつしか「松原由美の兄」と呼ばれるようになった。だがプロ2年目の今季はフェアウエーキープ率で15位につける安定したゴルフを見せ、6月のダンロップ・スリクソン福島オープンでも7位に入るなど、着実に結果を残している。星野陸や重永亜斗夢、秋吉翔太ら20代でツアー初優勝を飾る若手の台頭が目立つ中、礼儀正しい23歳は新たなブレーク候補として、注目を集めそうだ。(運動部 奥村信哉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ