PR

ニュース プレミアム

【太陽光発電は人を幸せにするか】(7)なぜ海は突然濁ったのか 軟らかい地盤…予想される難工事 メガソーラーができたらどうなる

泥水が流入して茶色く濁った八幡野漁港=平成29年9月27日、静岡県伊東市八幡野(木部悟さん撮影)
Messenger

 「何だ、これは」

 映像撮影会社「アトリエロッキー空撮事業部」の伊藤尭(たかし)さん(78)=静岡県伊東市居住=はドローンを飛ばして撮影した映像を見て息を飲んだ。

 平成29年11月、伊東市八幡野の伊豆高原メガソーラーパーク発電所の建設予定地そばの尾入山の山頂に、穴が開いたように黄土色の地面がむき出しになった無残な姿があった。

 「無許可伐採じゃないか」

 伊東市に駆け込んだ反対派住民ら。同市の調査で森林法の林地開発許可を取らずに伐採された面積は約1・6ヘクタールに及ぶことが分かった。

 一枚の写真がある。八幡野漁港が一面、茶色に濁っている。写真を提供したダイビングショップ経営、泉光幸さん(50)によると、撮影日は平成29年9月27日。尾入山の山頂の伐採は、住民に発見された11月から少なくとも数カ月前には始まっていたと考えるのが自然だ。

 「以前はこんなことはありませんでした。尾入山の土砂も八幡野川を通って八幡野漁港に流入する。伐採と海の汚染が無関係とは思えません」

 伐採行為をしたのは、太陽光発電所を尾入山に建設しようとしていた東京都千代田区の太陽光発電業者「LAホールディングス(LA社)」。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ