産経ニュース

【アフリカウオッチ】頻発する票操作疑惑→衝突 日本人が意識しない「信頼される選管」のありがたさ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【アフリカウオッチ】
頻発する票操作疑惑→衝突 日本人が意識しない「信頼される選管」のありがたさ

8月1日、ジンバブエ・ハラレの野党、民主変革運動(MDC)の本部前で、支持者をたたきつける兵士ら(ロイター) 8月1日、ジンバブエ・ハラレの野党、民主変革運動(MDC)の本部前で、支持者をたたきつける兵士ら(ロイター)

 アフリカで注目が集まる選挙が近づくと憂うつな気持ちになる。選挙管理当局が票を操作したとの疑いが広がり、民衆と治安当局が衝突してしばしば死傷者が出るからだ。言うまでもないことだが、選挙には国の行く末を決める重大な意義がある。選挙の“レフリー役”である選管の中立性が疑われると、どのような事態が起きるのか。日本の読者に公平な選挙の重要性を改めて確認してもらうために、いくつかの事例を紹介したい。(カイロ 佐藤貴生)

早くもつまづき

 ジンバブエで7月末、大統領選と議会選の投票が行われた。1980年の国家成立以来、強権体制をしいて国民を苦しめてきたムガベ前大統領が昨年11月、事実上のクーデターで辞任したため、「国家再生の好機」として海外メディアの目も注がれた。

 大統領選には23人が立候補し、ムガベ氏の辞任に貢献した現職のムナンガグワ大統領と、最大野党のチャミサ議長の事実上の一騎打ちとなった。事前の世論調査では、ムナンガグワ氏の支持率が40%、チャミサ氏が37%と拮抗していた。

 しかし、大統領選の開票経過が発表されず、投票から2日後の8月1日、「選管が票を操作しているのでは」との疑いを強めた野党支持者が首都ハラレで抗議デモを行い、治安部隊が軍の出動を要請。鎮圧する際に6人が死亡した。

 選管は翌3日未明、大統領選でムナンガグワ氏が50・8%を得票して当選したと発表。チャミサ氏は44・3%だった。なぜ開票の途中経過をもっと早く出さなかったのかは不明だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 頻発する票操作疑惑→衝突 日本人が意識しない「信頼される選管」のありがたさ

「ニュース」のランキング