PR

ニュース プレミアム

将棋の渡部愛女流王位が就位式 大好きな「コナン」ばりに難局切り抜け

Messenger

心折れずに

 続いて渡部女流王位が所属する日本女子プロ将棋協会(LPSA)の中倉宏美代表理事(39)がマイクを握った。

 「新しいヒロインが誕生し、いろいろな人が活躍できることは良いこと。彼女のことは高校生のときから知っていますが、プロ入りの際には苦労をかけてしまいました」

 渡部女流王位は高校卒業後、北海道から上京。同郷の中井広恵(なかい・ひろえ)女流六段(49)に憧れ、中井女流六段がいたLSPAに所属。LPSAは連盟から分離独立した団体で、渡部女流王位はLPSAが認定する「女流3級」となった。しかし、連盟は資格として認めず、連盟主催棋戦への出場はできなかった。翌年、特例として認められた。

 「そういった経緯がある中、心折れずに勉強を続けて頑張ってくれた。日頃は『どじっこ愛ちゃん』的なエピソードが満載ですが、将棋に関してはここ数年、覚悟が全然違う」

 タイトル獲得への強い意志を感じていたという。

 「ここぞという勝負に勝つ底力を、改めて感じました。タイトル保持者として追われる立場になりましたが、愛さんらしく明るく将棋を指していってほしいと思います」

 その後、連盟とLPSA双方から渡部女流王位に就位状が贈呈された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ