PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】衝撃の伊藤博文暗殺 その凶弾は、日本を対韓強攻策に走らせた

画=豊嶋哲志
Messenger

韓国併合(2)

 1907(明治40)年6月、世界24カ国の軍事・外交関係者らが集まる第2回万国平和会議が開かれていたオランダのハーグに、不可解な活動をする3人の韓国人が現れた。

 3人は韓国皇帝高宗が送り込んだ密使で、宿泊先のホテルの門前に韓国国旗を掲揚、英米仏露の各代表のもとを訪れ、自分たちを韓国代表として万国平和会議に出席させるよう求めた。同会議で(1)日本が韓国の外交権を接収した第2次日韓協約は無効であること (2)日本が韓国で行っている保護政策は不法であること-を訴えるというのだ。

 密使は各国メディアなどに向けた演説会も行い、「日韓条約の無効なるを述ぶること滔々(とうとう)数万言、流暢(りゅうちょう)なる仏語を以て日本が韓国に対する虐政不道徳を指摘」したと、同年7月10日付の大阪毎日新聞が報じている。

 だが、各国は第2次日韓協約を承認済みだ。密使が接触した各国代表はいずれも、まともに取り合おうとはしなかった。

 結局、密使は会議に出席できず、外交に疎い韓国皇帝が起こした珍事として片付けられた。しかし、この事件が日本の国内世論と韓国統監の伊藤博文に与えた衝撃は大きかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ