PR

ニュース プレミアム

【日曜経済講座】NAFTAから透ける日米交渉 米の脅し「数量規制」「為替条項」 中部大特任教授 細川昌彦

Messenger

 北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しをめぐる米国とカナダの協議が大詰めだ。先月29日に米国とメキシコは大筋合意したが、公表された内容に衝撃が走った。域内での自動車関税ゼロの条件として、第1に域内部品調達率を62.5%から75%に引き上げる。第2に部品の40~45%について時給16ドル以上の地域での生産を義務付ける。これは事実上、米国製の調達を増やす。自動車産業に北米での生産体制の抜本見直しを迫る。

 しかし、その後判明した内容はさらに衝撃的だった。メキシコは2つの「毒まんじゅう」を食べてしまったのだ。数量規制と為替条項だ。

 数量規制は、米国への乗用車輸出が240万台を超えると、25%関税が課されるというものだ。米国は現在、自動車輸入への追加関税を検討している。メキシコは「25%の追加関税を免れるための保険」と成果を説明するが、これこそ米国の思うつぼだ。昨年実績が約170万台なので、今後4割程度増やす余地がある、と安易に考えたのだろうが、あと数年で240万台に達するだろう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ