産経ニュース

【太陽光発電は人を幸せにするか】(6) 想定外だった?反対運動 韓国系財閥企業は「甘くみていたんだ」 静岡・伊東

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【太陽光発電は人を幸せにするか】
(6) 想定外だった?反対運動 韓国系財閥企業は「甘くみていたんだ」 静岡・伊東

伊豆高原メガソーラーパーク発電所の林地開発許可を与えないよう難波喬司副知事(右)に要望する伊東市八幡野の地元住民ら=平成30年5月、静岡県庁(田中万紀撮影) 伊豆高原メガソーラーパーク発電所の林地開発許可を与えないよう難波喬司副知事(右)に要望する伊東市八幡野の地元住民ら=平成30年5月、静岡県庁(田中万紀撮影)

 「誠に失礼ながら、あなたは取材不足かと思います」

 メールの返信にはそうあった。差出人は岩渕寛二さん(65)。伊豆メガソーラーパーク発電所の事業主体である「伊豆メガソーラーパーク合同会社」(東京都)に取材依頼を出していた。岩渕さんは、建設予定地である静岡県伊東市八幡野で、宿泊業とレストランを営んでいる。てっきり合同会社の主力会社であるハンファエナジージャパン(東京都港区、ハンファ)関係者から返信があると思っていた。

 岩渕さんは快活な笑顔を見せて、伊豆メガソーラーパーク発電所の模型を前に語った。

 「当時は条例がなかったから今になってメガソーラー計画を止めることは不可能。ならば条件闘争をしようと思ったわけです」

 そう言って岩渕さんはメガソーラーの予定地である伊雄山に案内した。「ここは公園にする予定です。ハンファはこちらの話をよく聞いてくれる。訴訟を起こすこともできるが、今は伊東市との関係を壊したくないといって自重しているのです」

 岩渕さん曰く「ハンファは調整池も4つ作るなど、地元の声に譲歩している。伊東市民の間にも太陽光発電所の計画に耳を傾ける人も出てきた」

 ただ、取材を進めると、このメガソーラー計画には複雑な事情があることが分かってきた。

続きを読む

このニュースの写真

  • (6) 想定外だった?反対運動 韓国系財閥企業は「甘くみていたんだ」 静岡・伊東
  • (6) 想定外だった?反対運動 韓国系財閥企業は「甘くみていたんだ」 静岡・伊東
  • (6) 想定外だった?反対運動 韓国系財閥企業は「甘くみていたんだ」 静岡・伊東
  • (6) 想定外だった?反対運動 韓国系財閥企業は「甘くみていたんだ」 静岡・伊東
  • (6) 想定外だった?反対運動 韓国系財閥企業は「甘くみていたんだ」 静岡・伊東
  • (6) 想定外だった?反対運動 韓国系財閥企業は「甘くみていたんだ」 静岡・伊東
  • (6) 想定外だった?反対運動 韓国系財閥企業は「甘くみていたんだ」 静岡・伊東

「ニュース」のランキング