産経ニュース

【小池知事定例会見録】「アナスホリビリス『ひどい年だ』」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
「アナスホリビリス『ひどい年だ』」

会見に臨む東京都の小池百合子知事=7日、東京・西新宿の都庁(大泉晋之助撮影) 会見に臨む東京都の小池百合子知事=7日、東京・西新宿の都庁(大泉晋之助撮影)

 --多言語化は何カ国ぐらいを想定しているか

 「例えば、これは、先日、お伝えしたと思うのですけれども、水道局に、例えば『水道を開けてください』とか、そういったアクセスというのは、それこそ何十万件と1年間にあるのを多言語化するようにしたのですが、そのように工夫して、そして、基本的な国連の公用語まではいかないかもしれませんが、複数の言語でそれができるような、そういうシステムを使うようにいたしております。よって、海外からお越しの方の比率なども考えながら、今後しっかりと取り組んでいくことになろうかと思います。例えば、タイからのお客さまとか多いですよね。タイ語は国連公用語にはないかもしれないけれども、ニーズとして大きければ、そういったことも考えられるのではないかな。また、その項目にもよると思います「」

 --無電柱化について、都民、国民の意識を高めていく必要があるとしたが、そのためには何が必要か

 「これは、クールビズと一緒で、ネクタイしてスーツ姿で行くのが当たり前だというのが、もう意識、それをガーッと変えるときには、いろいろな工夫が必要です。やっぱり共感していただけるような情報を提供していくということは必要だと思います。特に、無電柱化のときに、都民、実際に住んでいる方々のご協力が必要なのは、その間、工事をするというので道がふさがれる。ご商売をやっておられるところは、『それは商売に響くじゃないか』というご意見が出てくる。それから、電柱に上がっているトランスが地上に下りてくる、それをどこに置くのか。うち、民有地でも活用させていただく例が最近増えてはいますけれども、そういったことを一つひとつご了解いただかないとなかなかできないということであります」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング