PR

ニュース プレミアム

【平成の証言】「テレビ朝日のダイオキシン報道は、的確さを欠いていたのではないか」(10年10月~11年3月)

テレビ朝日「ニュースステーション」の降板会見に臨む久米宏氏=平成15年8月26日
Messenger

 31年4月30日の終わりに向けてカウントダウンが始まった平成時代。私たちが受け止め、発した言葉は時代の証言となって「あのとき」をよみがえらせます。「平成の証言」を、元年からひと月刻みで振り返ります。

平成10年10月

 「上場でようやく一人前の会社になれた気がする。市場から高く評価されたことはうれしい」(NTTドコモの立川敬二社長)

 「20世紀最後の大型上場」とされたNTTドコモの株式が22日、東京証券取引所第1部に上場された。初値は460万円。時価総額はNTT、トヨタ自動車に次ぐ規模で、45%は個人株主。市場関係者は「たんす預金が流れ込んだのでは」と分析した。

 ポケベルから携帯電話への移行が前年から加速し、翌年にはドコモで「iモード」サービスが開始。「ケータイ」は爆発的普及期にあった。

10年11月

 「日本軍国主義は対外拡張の誤った道を歩み、中国人民とアジアの他の国々の人民に大きな災難をもたらした」(中国の江沢民国家主席)

 中国国家元首として初めて来日した江主席は、滞在中に幾度も「過去の断罪」を口にした。この発言は26日の宮中晩餐(ばんさん)会で。天皇陛下が「今後とも互いに手を携えて」世界の課題解決に貢献できるよう未来志向のお言葉を述べられたのとは対照的で、閣僚関係者は「未来志向のかけらもない」と指摘した。

 一方、江主席は日本で絶滅間近だったトキのつがいの贈呈を表明。現在の繁殖につながっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ