PR

ニュース プレミアム

【映画深層】22年ぶり「男はつらいよ」新作 山田洋次監督がもらしたその意外な内容とは…

映画「男はつらいよ」50周年プロジェクト発表会に出席した山田洋次監督(右)と女優の倍賞千恵子(萩原悠久人撮影)
Messenger

 国民的映画シリーズ「男はつらいよ」の新作が、22年ぶりに作られることになった。しかも主演は亡くなった渥美清さんと聞いて、どんな作品になるのかいぶかしむ人も多いことだろう。9月6日に東京都新宿区の映画館で開かれた「男はつらいよ」50周年プロジェクト発表会でも、ストーリーをはっきりと明かさない製作の松竹に対して、取材陣が食い下がる姿が見られたが、山田洋次監督(86)の受け答えから浮かび上がってきた意外な内容とは-。

「ちょっと不思議な映画」

 「ちょっと不思議な映画ができるんじゃないかと、僕も楽しみにしている」

 発表会の席上、作品を手がける山田監督はいたずらっぽい表情で語った。

 「男はつらいよ」は、昭和44年に第1作が公開されて以来、主演の渥美さんが平成8年に亡くなるまでに48作品が作られ、1人の俳優が演じた最も長い映画シリーズとしてギネス世界記録にも認定されている。渥美さんの死去後、先端技術を駆使して作られた「寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」(平成9年)を入れると49作品となり、松竹としては、第1作から50年となる来年の公開に向けて、“50周年で50作目”を売りにしたい考えだ。

 発表会に登壇した深澤宏プロデューサーは「10月中旬から11月いっぱいかけて撮影所および都内ロケで撮影を行う。主演はさすがに寅さんなので渥美清さん。そして倍賞千恵子さん、前田吟さん、吉岡秀隆さんはじめ豪華メンバーで敢行する。どんな内容かというと、山田監督からちょっと不思議な映画になるというヒントが出たが、みなさんに喜んでいただけるような素晴らしい作品になると思う」とだけ話して、言葉を濁した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ