PR

ニュース プレミアム

【プールサイド】東京五輪がゴールではない! 24歳瀬戸大也の心を動かす21年福岡世界水泳 池江は「NEW RIKAKO」を宣言

東京都内で記者会見する競泳の(左から)鈴木聡美、池江璃花子、瀬戸大也、坂井聖人=4日午後
Messenger

 自国開催の2020年東京五輪を集大成と位置づける選手は多いが、水泳界は“例外”かもしれない。翌21年の世界選手権が福岡市で開催されるからだ。4日には大会概要が発表されたが、発表会見の席上、24歳の人気スイマー瀬戸大也(ANA)が「(21年に)出たくなってきた」と発言し、会場を盛り上げた。

 大会は21年7月16日から17日間、マリンメッセ福岡を主会場に行われる。日本での開催は01年福岡大会以来2度目となる。

 瀬戸は、15年世界選手権男子400メートル個人メドレーで2連覇を達成。16年リオデジャネイロ五輪では、ライバル萩野公介(ブリヂストン)とチェース・ケイリシュ(米国)に敗れて銅メダルとなり、「東京五輪でリベンジする」ことを現役の終着点として描いた。

 4日の会見でも冒頭は「(福岡世界水泳に)少しでも携わって、次の世代に水泳の魅力を伝えられれば」と引退後の姿を強調。ただ、会見で流された福岡市のPR映像などを見て、「出たくなってきた自分もいる」と心変わり。

 さらには報道陣の問いかけで3年後(27歳)の自分をイメージし、「娘は3歳。2人目というのもあるかもしれない。2人目が生まれたらやろうかな」と笑い、最後は「出るなら金メダル!」と、いつもの瀬戸節で締めくくった。

 五輪の翌年に、五輪に次ぐ位置づけの世界選手権を自国で開催できることは、水泳界にとってはこれ以上ない朗報だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ