産経ニュース

【酒と海と空と】3年目の「辛口産経」造り(4) いよいよ仕込み、巨大タンクに大量の米を投入

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【酒と海と空と】
3年目の「辛口産経」造り(4) いよいよ仕込み、巨大タンクに大量の米を投入

作業の合間には大量の水を使って後片付けする場面も多い。かい棒に水をかけて洗う記者 作業の合間には大量の水を使って後片付けする場面も多い。かい棒に水をかけて洗う記者

 産経新聞社が、佐渡の地域振興を支援しようと始まったオリジナル酒「辛口産経」の製造が今年で3年目を迎え、新潟支局の若手、入社2年目の太田泰記者が1週間、佐渡に泊まり込んで酒造りを体験した。その様子を6回にわたりリポートする。

もっと“ごりごり”させて…

 7月16日。佐渡に来てから4日目。1週間の作業工程と聞いたときは、とてつもなく長いように思ったが、いざ身を投じてみると短いように感じる。今日も午前7時半に学校蔵に集合。尾畑酒造からプレゼントされた手ぬぐいをギュッと頭に巻き付け、麹室へ向かう。テーブルの上に鎮座している米の塊は、前日の朝に蒸し上がった60キロの米。毛布にくるまれてテーブルの上に堂々と身を横たえる様は、なんとなく特撮映画に出てくる蛾の怪獣「モスラ」の卵を彷彿(ほうふつ)とさせる。「小美人」(モスラの巫女(みこ)の2人の妖精。昭和36年の映画『モスラ』では、双子の歌手『ザ・ピーナッツ』が演じた)の歌声が、今にも聞こえてきそうだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 3年目の「辛口産経」造り(4) いよいよ仕込み、巨大タンクに大量の米を投入
  • 3年目の「辛口産経」造り(4) いよいよ仕込み、巨大タンクに大量の米を投入
  • 3年目の「辛口産経」造り(4) いよいよ仕込み、巨大タンクに大量の米を投入

「ニュース」のランキング