産経ニュース

【Jリーグ】「1ミリでも縮める」 初得点にも慢心なし 横浜Mに移籍の17歳久保建英

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【Jリーグ】
「1ミリでも縮める」 初得点にも慢心なし 横浜Mに移籍の17歳久保建英

神戸戦の前半、イニエスタ(右)と競り合う横浜Mの久保=8月26日、ノエビアスタジアム神戸(甘利慈撮影) 神戸戦の前半、イニエスタ(右)と競り合う横浜Mの久保=8月26日、ノエビアスタジアム神戸(甘利慈撮影)

 将来の日本サッカーを担う「天才」が再スタートを切った。U-19(19歳以下)日本代表MFの久保建英がJ1・FC東京から横浜Mへ期限付き移籍。「今できる最大限の成長を考えた」と覚悟の決断だった。10カ月が経過したプロ生活に苦しみながらも、自身のJ1初得点を奪うなど結果を出した17歳は成長を期している。

 待望のゴールは久保が下部組織に所属していたスペインの強豪、バルセロナの先輩であるイニエスタの前で決めた。

 8月26日に行われた第24節・神戸戦だった。後半11分、DF松原健が右サイドから出したパスを受けると、相手ペナルティーエリア内でワントラップ。浮いた球の落ち際を見計らって左足を振り抜いた。

 「緊張もあったけど、落ち着いて決めるだけだった」。必死に手を伸ばす相手GKの手をかすめ、サイドネットに突き刺さると、残留争いにあるチームの中で抜擢(ばってき)してくれたポステコグルー監督に駆け寄り、喜びを爆発させた。

 2004年にFW森本貴幸(当時、東京V)の15歳11カ月28日に次ぐ史上2番目に若い17歳2カ月22日での得点だった。だが、久保にとっては記録以上の意味があった。

 15歳5カ月1日だった16年11月にFC東京U-23(23歳以下、J3)でJリーグ史上最年少出場。17年4月には15歳10カ月11日で同最年少得点し、今年3月にはリーグカップ戦での最年少得点記録を16歳9カ月10日に更新した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「1ミリでも縮める」 初得点にも慢心なし 横浜Mに移籍の17歳久保建英
  • 「1ミリでも縮める」 初得点にも慢心なし 横浜Mに移籍の17歳久保建英

「ニュース」のランキング