PR

ニュース プレミアム

【野党ウオッチ】犬猿の立憲民主と国民民主 参院選共闘めぐりすきま風で深まる溝

Messenger

 一方、玉木氏は「共同選対をつくって候補者の選定、擁立に取り組んでいく」としており、政党間で調整を進めていくとの考え方だ。

 こうした微妙な考え方の違いは参院選が近づくにつれて大きなしこりとして顕在化する可能性があり、野党共闘に影響を及ぼしかねない。津村氏は代表選に立候補するにあたり「参院選で野党が改選過半数をとれなければ直ちに代表をやめる」と宣言したが、野党間の足並みがそろわなければ、とてもではないが過半数という目標はおぼつかない。 (政治部 小沢慶太)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ