PR

ニュース プレミアム

【野党ウオッチ】犬猿の立憲民主と国民民主 参院選共闘めぐりすきま風で深まる溝

Messenger

 立憲民主党が2人区に候補を立てれば、国民民主党現職の当落に直結するだけに反発の声は大きい。国民民主党の玉木氏は2人区でも野党候補を一本化する必要性を指摘。「2人区でも候補者を野党で一本化することが不可欠だ。そうしないと与党に漁夫の利を与える。現職優先で野党がしっかり連携するため、速やかに共同選対をつくるべきだ」と強調している。

 津村氏も「1人区の候補者調整をしていかなければならないときに、その環境整備に逆行する方針だ」と立憲民主党の方針を強く批判している。

 ただ、枝野氏は「比例区や複数区は(各党が)切磋琢磨(せっさたくま)するという構造になる」と繰り返し強調しており、両党間の溝は簡単には埋まりそうもない。

 改選1人区における候補者一本化に向けた調整についても枝野氏と玉木氏らとでは考え方に違いがある。1人区での野党候補一本化の必要性について、双方とも疑問の余地はない。しかし、枝野氏は「それぞれの地域において自民党を倒したいと思っている市民と各政治組織などが地域ごとに連携をしていく」ことで候補者の一本化を図っていくとの考えで、中央の政党間同士ではなく地域ごとの調整に重きを置いている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ