PR

ニュース プレミアム

SNSで集団自殺…「つながり」を支援の糸にできないか 30自治体が相談事業

Messenger

 一部の自治体では、「死にたい」といった言葉をインターネットなどで検索した際、広告として地域の相談窓口を表示する「検索連動型」の取り組みも進む。

 森井教授は「悩みを抱えた人と初期の段階で、何らかのコミュニケーションをとることが重要。SNSを積極的に活用していくべきだ」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ