産経ニュース

SNSで集団自殺…「つながり」を支援の糸にできないか 30自治体が相談事業

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


SNSで集団自殺…「つながり」を支援の糸にできないか 30自治体が相談事業

 今年7月、東京都江戸川区の民家で死亡しているのが見つかった男女5人が、会員制交流サイト(SNS)で知り合い、会ってから数日のうちに命を絶ったとみられることが分かった。1人では不安を抱えきれず、最後につながりを求めたSNS。その「つながり」を支援の糸にすることはできないか-。夏休み明けの時期は若年層の悩み相談が増えるとされており、多くの自治体がSNSを活用した相談事業に乗り出している。

書き込みに反応

 7月11日、午後7時半。家路を急ぐサラリーマンや学生が行き交うJR新小岩駅(東京都葛飾区)。その雑踏の中に、5人はいた。

 《#自殺》

 江戸川区に住む男性(37)は、キーワード検索の記号「#(ハッシュタグ)」とともに、ホームセンターで購入した練炭の写真などをツイッターに投稿。書き込みに反応し、関東近郊から20代の女性2人を含む男女4人が集まった。

 5人は駅近くでワゴンタイプのタクシーに乗り込むと、4キロほど離れた住宅街で降車。付近の防犯カメラには、男性宅方向へ向かって路地を並んで歩く5人の様子が写っていた。

続きを読む

「ニュース」のランキング