PR

ニュース プレミアム

【ニュースの深層】水難事故が相次ぐヘッドランドの“魔性” 茨城、1週間で4人死亡「絶対泳ぐな」

Messenger

 県河川課の担当者は「ヘッドランドは護岸の役割を果たしている。(事故については)茨城県警など関係機関と協力し、立ち入り禁止の周知をさらに徹底していきたい」と話している。

 県警地域課によると、夏以外にもヘッドランドへの立ち入りが目立つという。ヘッドランドは先頭が沖に近く、釣りや貝採りの穴場となっており、年間を通して水難事故に遭う人がいるのだという。

 同課は「海水浴だけでなく釣りや貝採りなど、1年を通して立ち入り防止の警戒に努めている」といい、「海に行く際は監視、救助態勢が整った海水浴場を利用し、ヘッドランド付近では絶対に泳がないでほしい」と注意を呼びかけている。(水戸支局 永井大輔)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ