PR

ニュース プレミアム

【日曜経済講座】お手本に見る「IR」の2つの課題 依存症と外国人就労の議論を 大阪本社経済部長 内田博文

Messenger

 政府は外国人労働者の受け入れ拡大に向け、原則認めていなかった単純労働に門戸を開き、25年までに50万人超の就業を目指す方針を掲げた。だが、将来のIR開業に伴い、さらに踏み込んだ議論が求められそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ