PR

ニュース プレミアム

【劇場型半島】米朝非核化交渉はなぜ行き詰まったのか…トランプ氏を別格視する北朝鮮の不可思議な「論法」が壁に

Messenger

 労働新聞の8月6日付論評では、北朝鮮が核実験場の廃棄から米兵遺骨の返還まで「真心込めた善意」を示したのに、米国は「口先だけで何も履行していない」と非難。「新たな歴史の第一歩を踏み出したトランプ大統領の決断とは裏腹に、国務省などは『制裁・圧迫戦略』にしがみつき、過去へと後退している」と不平をぶちまけた。

 その上で、制裁という「旧石器時代の石のオノを捨て」米側に「段階別同時行動の原則」に基づき、信頼醸成措置を取るよう迫った。半面、ここでもトランプ氏に関しては、北朝鮮側の措置に「重ねて感謝」を表明している点を強調し、「絶望状態」といえないとわざわざ付言している。

君主に誤りなし

 問題が生じたとき、君主に誤りがあるわけはなく、周囲の奸臣(かんしん)たちが立ちふさがり、君主の目を覆っているためだ-とする論法は近代以前の東アジアで広く用いられてきた。北朝鮮は、この論法を金正恩党委員長とトランプ氏との関係にも当てはめているようだ。

 北朝鮮がいまだ王朝的絶対独裁体制から抜け出せない中、側近らが最高指導者の誤りを具申しようはない。こうした国内事情をそっくり民主国家の米国にまで反映させている滑稽さが見て取れる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ