産経ニュース

【花田紀凱の週刊誌ウオッチング】〈684〉「週刊朝日」のあきれた新連載

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【花田紀凱の週刊誌ウオッチング】
〈684〉「週刊朝日」のあきれた新連載

記者の囲み取材に応じる自民党の石破茂氏(川口良介撮影) 記者の囲み取材に応じる自民党の石破茂氏(川口良介撮影)

 その『文春』、相変わらずの安倍批判で、トップが「安倍三選最後の落とし穴 進次郎9・8決起計画」。

 9月8日に行われる日本財団主催のフォーラムで小泉進次郎氏が基調講演。そこで事実上の石破支持を表明するのではというのだが。

 〈もし今回も最後まで旗幟(きし)を鮮明にしなければ、一回生だった六年前と何も変わっていないことになる〉

 『文春』、進次郎氏を煽(あお)っている。

 『週刊新潮』(9月6日号)「新聞・テレビが報じない『少年法』の敗北 『女子高生コンクリ詰め殺人』の元少年が『殺人未遂』で逮捕された」は『新潮』らしい、そして『新潮』にしかできない記事。

 1989年、4人の少年たちが、何の罪もない女子高生を40日以上も監禁、強姦(ごうかん)、暴行を繰り返し、最後は殺してドラム缶にコンクリート詰めにした事件。当時『文春』の編集長だったぼくにとっても忘れ難い、凶悪事件だ。

 『週刊朝日』(9・7)があきれた新連載。「前川喜平の“針路”相談室」

 歌舞伎町の出会い系バーで、“貧困女子”の相談に乗ってる方がお似合いだろう。(花田紀凱=月刊『Hanada』編集長)

「ニュース」のランキング