産経ニュース

【クローズアップ科学】「日本版シャトル」民間構想 宇宙への観光旅行、6年後にも出発

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【クローズアップ科学】
「日本版シャトル」民間構想 宇宙への観光旅行、6年後にも出発

2028年の商業飛行を目指す民間宇宙船の想像図(スペースウォーカー提供) 2028年の商業飛行を目指す民間宇宙船の想像図(スペースウォーカー提供)

 宇宙への観光旅行が日本でも現実味を帯びてきた。東京都内のベンチャー企業が先月、構想を明らかにし、愛知県の企業も2024年の商業飛行を目指す。先行する米国では年内にも有人での試験飛行がスタート。海外旅行のような気軽さで宇宙に行ける時代は、目前に迫っている。(小野晋史)

4分の無重力体験

 宇宙技術者らで作るベンチャー企業「スペースウォーカー」(東京都)は8月、高度120キロの宇宙空間を目指す宇宙船の商業飛行を28年に始めると明らかにした。

 機体は乗員2人、乗客6人の計8人乗りで、11年に退役した米スペースシャトルに似た形状だ。飛行機のように滑走路から離陸し、新型のロケットエンジンで急上昇。離陸から3分ほどで高度100キロ以上の宇宙空間に到達する。

 宇宙を2分半ほど飛行した後、地球の重力に引かれて大気圏に再突入。グライダーのように滑空しながら着陸する。軌道は弾道ミサイルのような弧を描き、地球の周回はしない。飛行時間は20分弱で、無重力を体感できるのは上昇・降下時を含め4分ほどだ。客室にはアクリル製の窓が多く設けられ、地球の丸さや漆黒の宇宙を実感できる。

 機体は主に軽くて丈夫な炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製で再使用でき、大気圏再突入時には数百度の高温に耐える。エンジンは、安価でタンクも小さくて済む液化天然ガス(LNG)が燃料だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「日本版シャトル」民間構想 宇宙への観光旅行、6年後にも出発

「ニュース」のランキング