産経ニュース

【赤字のお仕事】車のサイドブレーキは「かける」もの? 「引く」もの?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【赤字のお仕事】
車のサイドブレーキは「かける」もの? 「引く」もの?

 「サイドブレーキを引いていれば動きだすことはないという」。N社の乗用車2車種がリコールという原稿を読んでいて、鉛筆の線を引く手が止まった。

 運転席脇にある「サイドブレーキ」(のレバー)。和製英語であり、これは駐車するためのブレーキなのでメーカーでは「パーキング(駐車)ブレーキ」と呼ぶ。ちなみに昔からよく「ハンドル」と言っていたあれは、本来「ステアリング」だ。車でハンドルと言ったらドアを開けるときにつかむ、あれである。

 いや、問題はそこではない。話を元に戻す。最近はサイドブレーキの形状が変わってきている。

 まだ主流ではないものの、「サイドブレーキ」の「レバー」を「引く」という動作ではない車が、じわじわ増えているのだ。ちょっとお高めの大衆車あたりには変速機のすぐ下くらいに、指一本で引き上げたり押下したりできる小さなスイッチボタンがある。これが今どきの「サイドブレーキ」なのである。

 「ブレーキをかける」。弊社の用字用語集にはこう書かれている。駐車ブレーキの形状が「手で引くレバー式」から「指一本で引き上げるスイッチボタン式」に替わりつつある昨今の車を見る限り、しっくりくる表現だ。

 よくよく考えてみれば「引く」のは「レバー」であって「ブレーキ」は「かける」ものなのだから当然ではある。

 再度、話を最初に戻す。N社のサイトを訪れて確認した。画像を見る限り、一台は「手で引く式」で、もう一台は「指一本で引き上げる式」のブレーキであった。正確な表現に近づけるなら「駐車ブレーキをかけていれば~」とすればより良かったか。そのサイトのリコールに関する情報欄でも、同様の書き方になっている。さすが車メーカーだけあって、「ブレーキ」は「かける」ものとわかっていた。

 N社のこの2車種は今年上半期の新車登録台数でいうと、1位と4位のよく売れた車だ。このリコールは減速機の製造工程においてパーキングロックの動作確認検査方法が不適切だったため、かかる部品に変形が生じてしまう恐れがあり、意図せず車が動きだす可能性があるとしたものだ。「ああ、じゃあサイドブレーキを引いていれば大丈夫か」と思わせるのだが、問題なのはそこじゃない。実態は、検査方法が適切ではなかったということなのだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング