PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】乃木希典の殉死 明治の精神は「天皇に始まつて天皇に終つた」

画=豊嶋哲志
Messenger

明治の終焉(2)

 明治天皇の崩御により、嘉仁皇太子は天皇に即位し、裕仁親王は皇太子となった。その皇太子のもとを学習院長、乃木希典(まれすけ)が訪れたのは大正元年9月10日、明治天皇の大喪儀が行われる3日前である。

 雍仁(やすひと)親王によれば、乃木は頬髭も顎髭も伸びたままで、「ふだんの面影なく、あまりの変り方に唖然(あぜん)」とするほどやつれていたという。

 皇太子に拝謁した乃木は、これまで以上に勉学に励まれること、身体を大切にすることを諭し、「中朝事実」など書物2冊を差し出した。

 「これは希典が平素愛読しております本で、肝要のところには希典が朱点をつけております。今はまだお分かりにはなりませんでしょうが、殿下のおためになる本ですので献上致します」

 江戸初期の儒学者、山鹿素行が著した中朝事実は、儒教の思想は易姓革命(※1)を繰り返す中国ではなく、万世一系の皇室をいただく日本に根付いており、日本こそが「中朝」であるとして、中華思想に染まった当時の知識層に民族的な自覚を促した大書だ。

 明治維新以降、急速な西洋化とともに日本古来の行動規範が希薄化する中、乃木は皇太子に、原点をふまえて前に進むよう、教えたかったのではないか。

 ふだんと違う様子に皇太子は、「院長閣下は、どこかへ行かれるのですか」と尋ねたという。

× × ×

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ