PR

ニュース プレミアム

サラリーマン漫画が予見した「未来」 父権喪失から失われた20年まで

「サラリーマン漫画展」ポスター
Messenger

 漫画を通しサラリーマンの働き方を見つめ直す企画展が、千葉県市川市で開かれている。市川市文学ミュージアムの「サラリーマン漫画展-漫画に学ぶ働き方-」に並ぶ100点を超す資料からは当時の社会・経済情勢が分かるだけでなく、時代の一歩も二歩も先をいく先見性が見てとれる。

ファンは垂涎(すいぜん)

 昭和58年に「モーニング」(講談社)に掲載された弘兼憲史(ひろかね・けんし)さん(70)の「課長 島耕作」の記念すべき第1話の扉絵や、ドラマ化された安野モヨコさん(47)の「働きマン」のカラー原画など、14組の漫画家に関する貴重な資料が並ぶ。

 「ごらんいただければ、描かれた当時の社会情勢の一端がわかるでしょう。漫画に描かれたサラリーマンたちは、社会を映す鏡です」と説明するのは、同ミュージアム学芸員の天田友里さん。

 約30年間、同市に在住した漫画家・本宮ひろ志さん(71)についてまとまった展示会が同市内で開催されたことがなかったため昨年、企画を立案した。本宮さんの代表作が「サラリーマン金太郎」であるため、注目されるようになった働き方改革まで考察範囲を広げ、サラリーマン漫画を通して働く姿を紹介する企画になった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ