PR

ニュース プレミアム

【平成の証言】「ワールドカップは勝たなくては何も残らない。甘くなかった」(10年3月~9月)

サッカーW杯フランス大会を全敗で終え、記者会見する岡田武史監督=平成10年6月27日
Messenger

 31年4月30日の終わりに向けてカウントダウンが始まった平成時代。私たちが受け止め、発した言葉は時代の証言となって「あのとき」をよみがえらせます。「平成の証言」を、元年からひと月刻みで振り返ります。

平成10年3月

 「総裁として重大な責任を感じている。こうした事態(職員逮捕)に至ったことは誠に遺憾で深くおわびしたい」(日本銀行の松下康雄総裁)

 大蔵省に端を発した接待汚職で、東京地検特捜部は11日、収賄容疑で日銀営業局証券課長の男を逮捕した。銀行から飲食店やゴルフ場で多額の接待を受けた見返りに、景気動向に関する機密資料を報道発表前に漏らすなどしていたとしている。同日会見した松下氏は、20日に引責辞任した。

 接待汚職では、三塚博蔵相も辞任、同省の112人が処分され、自殺者も出るなど深い傷を残した。

10年4月

 「旅行や仕事で海外に行ったときに余ったドルが使えるので、とても便利ですね」(東京・神田の「5ドルラーメン店」で、OL)

 1日、日本版ビッグバンと呼ばれた金融システム改革が始動し、為替管理がほぼ全廃される改正外国為替法が施行された。身近な変化では、街に円よりドルの方が安くなる5ドルラーメンや、ドル払い可能なレストランが登場。当時の本紙は喜ぶOLの声を伝えているが、20年後の今、どれだけ定着しているのか…。東京・池袋の家電量販店では、手持ちの外貨を円に両替する外国人客が約30人訪れたという。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ