産経ニュース

【田村秀男のお金は知っている】対米貿易戦争で「カモられる」と脅える中国人消費者 そのワケは…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【田村秀男のお金は知っている】
対米貿易戦争で「カモられる」と脅える中国人消費者 そのワケは…

中国人の海外旅行者数と支出の推移 中国人の海外旅行者数と支出の推移

 この巨大購買力に目をつけて日本を含む各国が中国人旅行者を大歓迎しているわけだが、偽物をつかまされたり、他の外国人向けよりも数倍以上の高い値段を払わされるケースが目立つ(日本については信頼性が高く、中国人旅行者の間では評判が上々だ)。

 知人によれば、韓国への旅行者が有害物質入りの偽化粧品を高い値段で買わされた。ロシアに団体ツアーで行くと、旅行社差し回しの案内人にロシア名産の琥珀(こはく)製品店に連れて行かれ、市価の数倍も高いものを買う羽目になった。タイへの団体ツアーに行くと、国際的に知られた名所に連れて行かれず、もっぱら案内されたのは他の外国人旅行者がだれも来ない「中国人向け専用」と称する土産物店で、他の観光客用店の値段を比較できる情報を遮断された。

 習近平政権は対米貿易報復のために、中国の総需要の3分の1を占める米国産大豆の代替輸入先を見つけなければならないが、下手すると石ころや土砂交じりの大豆を買わされるのではないか、と知人は恐れる。もっとも、そんな偽物騒ぎは中国国内では日常茶飯事なのだがね。(産経新聞特別記者・田村秀男)

「ニュース」のランキング