PR

ニュース プレミアム

光沢なくごわごわ…頭だけ幼虫のクワガタを千葉県立農業大学校が公開 ピンク色のバッタなども

Messenger

 来場した子供たちは汗をかきながら一生懸命に昆虫を観察し、中には「初めて昆虫に触った」という子もいた。清水准教授は「昆虫が腕などにへばりついて離れない場合は、お尻を触ると移動するよ」と昆虫の正しい扱い方なども子供たちと触れ合いながらレクチャーしていた。

 茂原市から母親と兄弟4人と一緒に来たという松本蓮(れん)君(6)は、「(世界最大のカブトムシである)『ヘラクレスオオカブト』がかっこよかった。見たことのない昆虫がたくさんいてびっくりした」と興奮気味に話していた。

 展示会は午後3時半すぎに終了。同校によると、最終的な来場者数は300人を超えたという。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ