PR

ニュース プレミアム

【野党ウオッチ】救世主は「モノノフ」か「ユーチューバー」か 支持率&関心ほとんどゼロの国民民主党代表選

Messenger

 玉木氏は香川県さぬき市出身で、兼業農家の長男。東大法学部を卒業し、財務官僚を経て平成21年の衆院選で初当選し、旧希望の党代表などを歴任した。趣味はカラオケとマラソン。座右の銘は「一所懸命」だ。

 最近では「永田町のユーチューバーになる」と宣言し、動画投稿サイト「ユーチューブ」に公式チャンネルを開設。街頭突撃インタビュー映像を配信するなど、党の知名度アップに率先して汗をかいている。周囲から失笑を買うこともあるが、公党の代表自らが街角で通行人にマイクを向ける度胸とフットワークの軽さは強みでもある。

 目玉政策は、第3子を出産した家庭に1千万円を給付する「コドモノミクス」。年間予算は1兆6千億円程度を見積もり、財源は政府開発援助(ODA)など外国に使われているお金を削減するなどして確保する考えだ。財源がなければ「こども国債」の発行で賄うことを提案している。

 新代表は来年夏の参院選の「党の顔」になるだけに、国民民主党にとっては重要な代表選になる。喫緊の課題は、じり貧の党支持率をいかに上げるかだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ