PR

ニュース プレミアム

【野党ウオッチ】救世主は「モノノフ」か「ユーチューバー」か 支持率&関心ほとんどゼロの国民民主党代表選

国民民主党代表選へ立候補し、共同記者会見に臨む玉木雄一郎共同代表(左)と津村啓介元内閣府政務官=8月22日、東京・永田町の党本部(春名中撮影)
Messenger

 党勢低迷にあえぐ国民民主党の初の代表選が9月4日に投開票される。津村啓介元内閣府政務官(46)と玉木雄一郎共同代表(49)による一騎打ちの構図で、党勢拡大策や野党共闘のあり方を争点に論戦を展開している真っ最中だ。ただ、自民党総裁選(9月7日告示、20日投開票)と沖縄県知事選(13日告示、30日投開票)の陰で国民の関心は一向に高まらない。地味すぎる代表選の行方はいかに。

堅いエリート

 代表選は、総数284の「ポイント」の獲得数で勝敗を決める。国会議員に1人2ポイント、国政選挙公認内定者に1人1ポイントを配分し、地方議員と党員・サポーターに関しては得票に応じてドント方式でポイントを振り分ける。選挙期間中は全国各地で候補者討論会が行われる。

 津村、玉木両候補は一体どんな人物なのか。知らない人も多いと思うので紹介したい。

 津村氏は岡山県津山市生まれ。麻布高、東大法学部を卒業して日銀に入行。英オックスフォード大で経営学修士課程を修了し、民主党の候補者公募で公認候補第1号に選ばれ、平成15年の衆院選で初当選した。

 経歴だけ見ると堅いエリートのイメージがあるが、津村氏はアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の大ファンという一面もある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ