PR

ニュース プレミアム

いま評価高まる「ウルトラマンレオ」 命懸けの撮影だった? 出演者が明かす44年前の裏話

Messenger

2人はほのぼの

 「当時、芝居に関しては素人みたいなもんでしたから、かなり迷惑をかけたと思うけど、それも覚えていないほどですね」

 真夏は、デビューしたて。森次は、「ウルトラセブン」を経て映画やドラマで活躍していた。

 森次は「迷惑なんてことはなかったよ。最初は、色が浅黒いし、当時はやっていた(カンフー俳優の)ブルース・リーに似て精悍(せいかん)な雰囲気があった。『こういうウルトラマンがいてもいいな』と思った」という。

 厳しい特訓の場面が続いたドラマだったが、森次が「どうもお先~。ゲン~、頑張ってな~」と声をかけるなど、2人の関係は朗らかでほのぼのとしたムードに包まれていたという。

似た時代

 放送当時、視聴率に苦戦したレオだが、近年人気が再燃している。ドラマ「ウルトラマンメビウス」(平成18年)や映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」にゲスト出演。放送時は特訓を受ける側だったレオが、新世代のウルトラマンの師匠の立場で登場した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ