PR

ニュース プレミアム

【リーダーの素顔】経営危機から再生果たし「成長へ挑戦」 熊谷組の桜野泰則社長

創業120年を迎えた熊谷組を率いる桜野泰則社長=東京都新宿区(吉沢良太撮影)
Messenger

 バブル経済崩壊後の経営危機から再建、再生を果たした熊谷組。今年4月に始まった3カ年の中期経営計画を機に経営陣を刷新した。桜野泰則社長(61)がトップに立って新生熊谷組を引っ張り、エネルギッシュかつスピーディーな取り組みで、収益基盤の長期安定と多様な収益源の創出を目指す。

 --中期経営計画で目指すのは

 「平成29年度までの中計では再生から成長に向けての安定した収益力の確保を経営目標に掲げ、数値目標を達成した。そこで今回の中計を『成長への挑戦』と位置づけ、建設工事請負事業の維持・拡大による収益力向上をベースに、新たな事業創出と他社との戦略的連携により売上高4600億円、(本業のもうけを示す)営業利益330億円、ROE(株主資本利益率=株主のお金を使ってどれだけ効率よく稼いだかを示す指標)12%を目指す」

 --中計の策定にかかわった

 「経営企画本部長だったのでリーダーとして参画した。チームは8人で、次代を担う役員と協議しながら骨子をまとめた。創業120年を迎えたが、まだ会社として成熟しておらず、むしろ成長過程にあり、伸びしろもある」

 --伸ばす分野は

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ