PR

ニュース プレミアム

「社会福祉ヒーローズ賞」創設、初代“ヒーロー”は君だ! 現場の若手にスポットライト

「社会福祉ヒーローズ」ベスト・ヒーロー賞2018に輝いた櫛田啓さん(左)と一緒に遊ぶ子供たち(みねやま福祉会提供)
Messenger

 高齢者介護や障害者福祉などの現場で活動する若い人たちを表彰する「社会福祉ヒーローズ(HERO’S)」が創設され、初代のベスト・ヒーロー賞が、社会福祉法人みねやま福祉会(京都府京丹後市)で働く櫛田啓(くしだ・たすく)さん(36)に贈られた。地域社会も巻き込んだ複合的な取り組みが評価された。櫛田さんに話を聞いた。

独りぼっちだった少年

 「駆けつけると、14歳の少年が空き瓶を投げつけて威嚇してきた。『もうすぐ誕生日だね。何をしてお祝いしようかな』と声をかけると、『殺すぞ』とにらみつけてきた」

 櫛田さんは、同会が運営する児童養護施設の一つで、家庭での生活が困難となった2~18歳までの子供が暮らす寮の責任者だ。

 空き瓶を投げつけた少年は、両親の離婚、家庭内暴力、学校でのいじめを経験し「安心できる居場所がなかった」と櫛田さんはいう。「人から愛されたいということをうまく表現できず、反社会的な行動を繰り返し、12歳でここへやってきた」

 親からも地域からも見放された少年は、櫛田さんの「本当によくがんばっているね」というねぎらいに泣き崩れたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ