産経ニュース

まるで海外! 東京英語村プロジェクトの挑戦 「使える英語」を子供たちに

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


まるで海外! 東京英語村プロジェクトの挑戦 「使える英語」を子供たちに

9月オープンの「TOKYO GLOBAL GATEWAY」。国際線の航空機を想定したゾーンでは、機内サービスに関するやりとりを英語で体験する=8月20日、江東区 9月オープンの「TOKYO GLOBAL GATEWAY」。国際線の航空機を想定したゾーンでは、機内サービスに関するやりとりを英語で体験する=8月20日、江東区

 「What is that sound?(何の音でしょうか)」

 体験会が行われた8月20日、身近なものを使って効果音をつくるプログラムに小学校教諭らが挑戦した。

 放送終了後のテレビの砂嵐に似た、ザーザーという音を流しながら講師が問いかける。参加者はWaterfall(滝)、River(川)など知っている単語を並べてディスカッションを始めた。

 発言をためらっている参加者には、エージェントが手助けをしながら意見を引き出す。

 「That sounds like Rain.Especially,heavy rain(雨の音みたいに聞こえます。それも大雨)」

 講師の「Great(素晴らしい)!」という言葉に緊張していた参加者の表情も和らぎ、自然と会話が続くようになっていった。

中高生の約9割「英語が話せたらかっこいい」

 東京都教育委員会は昨年12月、グローバル化に対応する「使える英語」を身につける必要があるとして、全国で初めて、公立高校入試で一律に「Speaking(話す)」技能の試験を課すことを決めた。今年度中に導入時期や方法などを決め、来年度から都立高校入試で試行を始める。

 平成32年度から現行の大学入試センター試験に代わって話す技能が新たに加わるほか、小学校でも本格的な英語教育が始まる。

続きを読む

このニュースの写真

  • まるで海外! 東京英語村プロジェクトの挑戦 「使える英語」を子供たちに
  • まるで海外! 東京英語村プロジェクトの挑戦 「使える英語」を子供たちに

「ニュース」のランキング