PR

ニュース プレミアム

【佐藤綾子のパフォーマンス講座(36)】金足農ナインの巻 おとなしい県民性を戦うチームへ変貌させるには

全力で校歌を歌う金足農ナイン=8月20日、甲子園球場(佐藤徳昭撮影)
Messenger

 《パフォーマンス学の権威として知られる佐藤綾子氏が、「リーダーたちに学ぶ伝え方」として、各界の第一線で活躍するリーダーの所作を通じ、社内でのプレゼンテーションや営業トークといったビジネスの現場で役立つテクニックを伝授します。産経ニュースへの特別寄稿です》

アンチパフォーマンス型からの脱皮

 秋田県代表のナインに日本中が注目した夏となりました。第100回となる全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)で、金足農が秋田県勢として103年ぶりに決勝に進出したのです。

 秋田県の人たちは本当に辛抱強い。10年以上前、男鹿半島で開かれた商工会議所主催の講演会に呼ばれ、なまはげの実演を見て「なるほど」と実感したことがあります。能面のような他のマスクに比べて圧倒的に重いなまはげの面。ひげには馬の毛が使われ、面も厚みもただごとではありません。実際に顔に着けてみましたが、私は一歩も動けませんでした。そんな重い物をつけ、家を1軒ずつ回って子供たちの頭に噛み付く振りをしたりします。その文化一つをとってみても、忍耐力の強さに思いをはせます。

 また、秋田弁は決して長々とは語りません。「ご飯をどうぞ」というのを「け」。「いただきます」を「く」と言います。「どさ」「ゆさ」も有名です。「どこへ行くんですか」「おふろですよ」のことです。寒冷な気候の地方では、話す言葉を最小限に抑えていることがわかります。アンチパフォーマンス型の生活文化なのです。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ