PR

ニュース プレミアム

【映画「ボルグ/マッケンロー」】松岡修造さんに聞く(上)現代テニス界を築いたボルグとマッケンロー 「今の僕は『マッケンロー派』です」

Messenger

--松岡さんにとってボルグとマッケンローはどういう選手なのか 

 「ボルグはとにかく冷静で、男の僕から見てもかっこいいと感じることができた選手。また、忍耐力のある人というイメージでした。テニスをしている人ならだれでもやったことがあると思いますが、僕はボルグになりきってプレーをする日もあれば、マッケンローになりきってプレーする日もありました。ボルグになりきってプレーをした日は、普段よりも冷静さを意識するようになり、マッケンローになりきってプレーをした日は、力まずにタイミングよくボールを打ち返す。そのように当時ボルグ、マッケンローをまねしたのは僕だけではないはず。テニスもそうですが、僕らは彼らの人間的な表現力にもひかれていたんだと思います」

マッケンローの解説がお手本

--当時はヘアバンドをして「フィラ」のファッションに「ドネー」のウッドラケットを持ってボルグのまねをしたファンが多かったが、ボルグの持つ冷静さといった内面にも共感していたのかなと

 「そうですね。すごく憧れていました。僕が憧れていた『表のボルグ』の裏側にどんな人生があったのかをこの映画は教えてくれました。でも、僕のテニス人生が終わったあとは、完全にマッケンロー派ですね」

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ