PR

ニュース プレミアム

【映画「ボルグ/マッケンロー」】松岡修造さんに聞く(上)現代テニス界を築いたボルグとマッケンロー 「今の僕は『マッケンロー派』です」

「僕もボルグやマッケンローになりきってプレーした日もあった」と語る松岡修造さん=東京・六本木(伊藤徳裕撮影)
Messenger

 プロテニス界最高の試合として、いまだ語り草の1980年ウィンブルドン男子単決勝。同大会5連覇がかかる世界ランク1位のビヨン・ボルグ(スウェーデン)に、めきめきと頭角を現してきた新進のジョン・マッケンロー(米国)が挑む世紀の一戦は「3時間55分の死闘」と呼ばれた。31日公開の「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」は、2人がテニスを始めた少年期から同試合で戦うまでを再現した劇映画だ。元プロテニス選手で88年にマッケンローと戦った経験がある松岡修造さん(50)に話を聞いた。(WEB編集チーム 伊藤徳裕)

圭にも見てほしい

--映画を見た感想は 

 「まず思ったのは、すべてのテニス選手に見てほしい。(ロジャー・)フェデラーや(ラファエル・)ナダルのようなトップ選手、もちろん錦織圭選手にも見てほしいと思いました。『プロフェッショナルスポーツ』という現在のテニスの舞台を作り上げてくれたのはこの2人のこの試合があったからこそ。今のテニス界を築いてくれたレジェンドたちに対して、今まで以上に尊敬の念を抱くことになるだろうと思います。特にトップ選手たちはテニス界においての自分たちの役割をより感じるのではないでしょうか。当時は今よりもプロ化が進んでいなかったので、ボルグやマッケンローは本当に孤独だったと思います。現在のトップ選手たちはエージェントのサポートを受け、チームで戦うことができている。この映画を見れば、それが恵まれた環境だということを選手たちが知ることができるいい機会になると思います」

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ