PR

ニュース プレミアム

【希少がんと共に生きる】「パパのがんちゃん治るよ」 娘の言葉が生きる気力に 子供に理解をさせるには…

娘を持ち上げる筆者=8月5日、神奈川県内
Messenger

 筆者は今もなお、ステージ4の小腸がんの治療を続けている。

 小腸が、がん細胞によって破れてしまい、無数にその細胞が散ってしまう「腹膜播種(はしゅ)」でもあるため、やっかいなことになっているのは間違いない。そんな筆者が常日頃考えていることがある。それは3歳の一人娘がいつ、がんという病気を理解するのかだ。

 筆者「パパががんだっていうことを知っている?」

 娘「うん」

 筆者「がんって何だか分かる?」

 娘「分かんない」

 筆者「がんって病気なんだよ」

 娘「病気?」

 筆者「パパの病気、治るかな」

 娘「うん、パパのがんちゃん治るよ」

 筆者「ありがとう。パパが早く死んじゃいやでしょ」

 娘「うん」

 筆者「がんという病気は死ぬかもしれない病気なんだよ」

 娘「へー、そうなんだ」

 筆者「でも、パパは絶対治すね」

 娘「うん」

 このやり取りはつい最近、娘としたものだ。会話から分かることは、3歳ではがんのことを理解することは極めて困難だということだ。

 抗がん剤の副作用で手足にしびれが生じたり、手足の指の皮膚が切れたりするため、筆者は朝晩、ステロイド剤付きのテープや、絆創膏などをあらゆる箇所に貼っている。それを見た娘は「なんでそんなに貼っているの? がんだから?」と分かったようなことを言うこともある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ