PR

ニュース プレミアム

【ニッポンの議論】次世代加速器建設の是非 村山斉氏「国際研究拠点に意義」 観山正見氏「国民の共感得られず」

Messenger

 --年内の意思決定を求めている

 「欧州では来年、素粒子物理学研究の新計画の議論が始まるが、日本が建設への態度を明確にしていないためILCが計画に盛り込まれるか不透明。盛り込まれなければ欧州はILC参加を見送るだろう。だから日本政府はILC建設に前向きだという姿勢を年内に打ち出し、名乗りを上げるべきだ」

 --今後の最大の課題は

 「国民の合意を得なければ税金を使えないから、日本全体に理解を広げることだ。イノベーションは基礎研究から生まれるケースが多いことを知ってほしい。理解拡大のため著名人による応援団を作るなど多様な取り組みを展開している」

 <むらやま・ひとし>昭和39年、東京都生まれ。東京大大学院理学系研究科博士課程修了。平成12年から現職。東大特任教授も務める。専門は理論物理学。25年からILCを推進する国際組織の副ディレクター。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ