PR

ニュース プレミアム

【志らくに読ませたい らく兵の浮世日記】落語会で子供のハートをつかんだ後輩、吉笑 ハーメルンの笛吹きと呼んでやる!

Messenger

 料理屋さんでの会なので、終わればその場で打ち上げ。親御さんはもちろんのこと、子供たちとも触れ合える良い機会です。しかし悲しいかな、私はかなりの人見知りのうえ、子供たちとおしゃべりしたり遊んだりするのは、あまり得意ではない。私は同級生と話をしながらも、なかなか子供たちと打ち解けられずにいました。せっかくの「子ども落語会」なのに。

 しかし、吉笑は私の戸惑いなんかどこ吹く風。子供たちと元気にはしゃいでいる。子供と同じ目線で楽しんでいる。子供の一人がポケットから手品のタネを取り出して、私や吉笑に見せてきます。

 「お兄ちゃん、これどうなってるか、わかるぅ?」

 目の前で手品を披露してくれる。うまいもんです。一生懸命練習したんでしょう。

 私の反応。

 「へえ、すごいねえ」

 吉笑の反応。

 「おおおぉ!! すげえええぇ!!!」

 な、なんという驚きよう。子供たちは吉笑の食いつきの良さに喜びます。みんな吉笑のまわりに集まってくる。私は頼もしかったですよ。子供たちの前で落語を一生懸命演じてくれて、さらに打ち上げまで子供たちを楽しませてくれている。ありがたいなぁ。吉笑に仕事を頼んで、本当に良かったなぁと、しみじみ感謝しました。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ