PR

ニュース プレミアム

【平成の証言】「私らが悪いんであって、社員は悪くありませんから!」(9年8月~10年2月)

泣きながら「社員は悪くない」と訴える野沢正平・山一証券社長=平成9年11月24日
Messenger

 31年4月30日の終わりに向けてカウントダウンが始まった平成時代。私たちが受け止め、発した言葉は時代の証言となって「あのとき」をよみがえらせます。「平成の証言」を、元年からひと月刻みで振り返ります。

平成9年8月

 「隣人同士で助け合う絆の強さや、困難に立ち向かうたくましい姿に感銘を受けた。私の心は阪神大震災の犠牲者とともにある」(ダイアナ皇太子妃)

 英国のダイアナ妃が来日中にこう述べたのは、震災翌月の7年2月。2年半後の9年8月31日、パリのセーヌ川沿いのトンネルで自動車事故に遭い、36歳で亡くなった。パパラッチと呼ばれる著名人専門のカメラマンに追跡されて起きた事故だった。

 来日は計3回。最初の昭和61年には都内でオープンカーによるパレードを行い、「ダイアナフィーバー」と呼ばれる社会現象が起きた。

9年9月

 「人事権者である私の判断で国政にこのような混乱を招き、国民の皆さんに率直におわび申し上げたい」(橋本龍太郎首相)

 22日、首相が異例の「深い反省」と「おわび」の表明に至ったのは、11日に発足した第2次改造内閣に、ロッキード事件で有罪判決が確定した佐藤孝行氏を総務庁長官に選んだ人事が理由。閣外協力の社民党が猛反発し、世論の批判も高まり、わずか12日で佐藤氏を事実上更迭する事態となった。

 佐藤氏は辞任後の会見で「民意とはマスコミの論調だけではない」と報道批判も展開した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ