PR

ニュース プレミアム

【駅メロものがたり】JR秋田駅 「雑草軍団」金足農への思いも重ね 高橋優「明日はきっといい日になる」

Messenger

 秋田県横手市出身の高橋さんは北海道の大学に進学後、路上ライブ活動を経て10年にデビュー。「高校を出たときは反抗期で、秋田が嫌で家族からも離れたかった。でも出てすぐその良さに気がついた」。自然があり、人とのつながりがある故郷、「今となっては希少価値の塊」。その良さを多くの人に知ってほしいと16年からは県内各市で毎夏、野外ライブ「秋田CARAVAN MUSIC FES」を主催し、3度目の今年は9月1~2日、仙北市の田沢湖生保内公園野球場で開催する。

 高橋さんと「明日はきっといい日になる」に着目したのが、JR東日本秋田支社地域活性化推進室の吉田峰弘さん(33)。昨年のこまち20周年と、同4月1日のJR秋田駅改装オープンに合わせ「東京から来た人にも分かり、秋田の希望を感じさせる発車メロディーを作りたかった」。

 当時の室長、永杉博正さん(41)とタイトルの「明日」を「秋田」に替え、高橋さんに書いてもらうなどのアイデアをひねりだした。駅西口の「秋田はきっといい日になる」と書かれた高橋さん直筆のサインボードは、全国からファンが訪れて写真を撮影する「聖地」となっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ