産経ニュース

【太陽光発電は人を幸せにするか】(1)法の規制を受けず 反社会勢力、外国の土地買収…このままでいいのか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【太陽光発電は人を幸せにするか】
(1)法の規制を受けず 反社会勢力、外国の土地買収…このままでいいのか

「ぬりかべ」のように県道の両側に屹立する太陽光パネル=山梨県北杜市高根町上黒沢(北杜市太陽光発電を考える市民ネットワーク提供) 「ぬりかべ」のように県道の両側に屹立する太陽光パネル=山梨県北杜市高根町上黒沢(北杜市太陽光発電を考える市民ネットワーク提供)

 こののどかな避暑地に太陽光発電所が猛烈な勢いで増えている。北杜市小淵沢町に平成26年4月から移住している「北杜市太陽光発電を考える市民ネットワーク」共同代表の帆足興次さんは「全国平均の日照時間が年間2千時間弱といわれるなか、北杜市明野町では年2625時間と全国有数の日照時間があります。そこで大小様々な業者が続々とこの地に進出し、生活や自然環境に深刻な問題を及ぼしているのです」と話す。

 工学博士でもある帆足さんは、北杜市で平成26年ごろから急激に増えてきた太陽光発電の設置状況に危機感を持ち、様々なデータを提示してきた。

 「太陽光発電の重要性は理解しています。しかし、景観や自然破壊につながるケースが多い。国は未だに有効な規制をしていない。野放図な開発には反対です」と話す。

 北杜市高根町上黒沢の県道28号線。幅員6メートルほどの道路を走っていると、突如として道の両脇に太陽光パネルが林立している光景が目に飛び込んでくる。

続きを読む

このニュースの写真

  • (1)法の規制を受けず 反社会勢力、外国の土地買収…このままでいいのか
  • (1)法の規制を受けず 反社会勢力、外国の土地買収…このままでいいのか
  • (1)法の規制を受けず 反社会勢力、外国の土地買収…このままでいいのか
  • (1)法の規制を受けず 反社会勢力、外国の土地買収…このままでいいのか
  • (1)法の規制を受けず 反社会勢力、外国の土地買収…このままでいいのか
  • (1)法の規制を受けず 反社会勢力、外国の土地買収…このままでいいのか
  • (1)法の規制を受けず 反社会勢力、外国の土地買収…このままでいいのか

「ニュース」のランキング