PR

ニュース プレミアム

【侍ジャパン通信】東京五輪の対戦方式決定 山中正竹強化本部長「良いか悪いかは…」

日本代表の稲葉篤紀監督=京セラドーム大阪(撮影・長尾みなみ)
Messenger

 2020年東京五輪の開幕まで2年を切った。正式種目に復帰した野球は、日程や試合方式も決まり、金メダル獲得に向けた戦略がより具体化できるようになった。野球日本代表の侍ジャパン強化本部長を務める山中正竹氏は先月下旬、野球殿堂博物館でトークショーを行い、稲葉篤紀監督誕生や試合方式の決定に至るまでの経緯を語った。

 東京五輪の試合方式をめぐっては、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は少しでも試合数を増やして競技の魅力をアピールするため、1次リーグで出場6チームによる総当たり戦を要望。これに対し、大会組織委側はコスト面などから2組に分けて実施することを主張してきた。調整の結果、6チームを2組に分けた1次リーグ後、敗者復活戦のある変則トーナメントを実施する方式が採用された。

 この点について、山中氏は「日本ではなじみはないが、海外ではよくある方式。日本と海外には感覚の違いがある」と指摘。日本は高校野球のように、一戦一戦勝ち上がったチームがチャンピオンという部分に美しさを感じるのに対し、海外は、多くの試合をして本当に強いチームが一番になるべきだという考えが強い-と解説した。

 そのうえで、「日本がうまくいけば『あれで良かった』となる。この方式が良いか悪いかを話すのは、結果を見ないと難しい」と話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ