産経ニュース

「不良老人になろう」 阿川佐和子さん介護本共著者に聞いた極意

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


「不良老人になろう」 阿川佐和子さん介護本共著者に聞いた極意

「看る力 アガワ流介護入門」の共著者、よみうりランド慶友病院の大塚宣夫会長(寺河内美奈撮影) 「看る力 アガワ流介護入門」の共著者、よみうりランド慶友病院の大塚宣夫会長(寺河内美奈撮影)

駅伝方式の介護

 この本で伝授される、介護のコツは30項目。今も認知症の母のケアを続け、介護経験豊富な佐和子さんの体験談や疑問を、大塚医師が専門家として受け止める形で対談は進む。

 「介護は長期戦と心得よ」「イライラしたら笑っちゃおう」「施設に預けるのは親不孝ではない」などの金言が並ぶ。

 推奨されるのは、頑張り過ぎず、多くの他人や専門家の手を借りる“駅伝方式”の介護だ。

 「佐和子さんは、お母様には“仕事”と言って、ゴルフで気分転換をしたエピソードが本に載っていますね。それでいいんです」

 「真面目な人ほど親の介護に専念し、共倒れになるケースは多い。介護は、自分を犠牲にしてやるほどの仕事ではないんです。全てを犠牲にして介護をする人は、長持ちしません。頑張り過ぎず、任せるところはプロに任せるべき」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「不良老人になろう」 阿川佐和子さん介護本共著者に聞いた極意
  • 「不良老人になろう」 阿川佐和子さん介護本共著者に聞いた極意

「ニュース」のランキング