PR

ニュース プレミアム

「不良老人になろう」 阿川佐和子さん介護本共著者に聞いた極意

「看る力 アガワ流介護入門」の共著者、よみうりランド慶友病院の大塚宣夫会長(寺河内美奈撮影)
Messenger

 作家、阿川佐和子さんと高齢者医療の第一人者、大塚宣夫(のぶお)医師の共著「看る力 アガワ流介護入門」(文春新書)が発売から2カ月足らずで発行部数8万5千部と好調だ。従来の介護本に漂う重苦しさがなく、「恋は長寿の万能薬」「不良老人になろう」など、よりよい介護と老後のコツを、明るく対談方式で指南する。大塚さんに話を聞いた。

好物は喉を通る

 平成27年に94歳で亡くなった佐和子さんの父で作家の弘之(ひろゆき)さんは、最晩年をよみうりランド慶友病院(東京都稲城市)で過ごした。大塚医師が経営する高齢者向け療養型病院だ。

 本によると弘之さんは、病室に電子レンジや電気鍋を持ち込み、晩酌やすき焼きを楽しんでいたという。

 「私は病院開設当初から、“生活の場”を目指した。人生の最晩年、医療より介護、介護より生活を重視するスタンスです。ですからお好きな物を、お好きなだけ召し上がればいい」

 「この本の最初の項目は『好物は喉(のど)につまらない』。一般に病院食はまずくて、喉を通らない。でも、好きなお寿司や鰻は召し上がれるんですよ」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ