産経ニュース

【リーダーの素顔】EVなど「大変革期」に新製品を開発 曙ブレーキ工業の信元久隆社長

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【リーダーの素顔】
EVなど「大変革期」に新製品を開発 曙ブレーキ工業の信元久隆社長

組織改革にも意欲的な曙ブレーキ工業の信元久隆社長=東京都中央区(荻窪佳撮影) 組織改革にも意欲的な曙ブレーキ工業の信元久隆社長=東京都中央区(荻窪佳撮影)

 数ある自動車の部品の中でも確実な機能が求められるブレーキ分野において、主力のブレーキパッドで世界シェア約20%を誇る曙ブレーキ工業。大変革期の自動車業界で勝ち残るため、新製品開発や人材育成などに力を入れる。約30年間、トップを務める信元久隆社長(69)に戦略を聞いた。

 --電気自動車(EV)といった電動車へのシフトなど自動車業界は大変革期を迎えている

 「(主流の)摩擦ブレーキは信頼性が高く、大量生産できるためコストも抑えられる。5~10年くらいは大丈夫だが、考え方は変えていかなければならない。電動ブレーキを電気で制御する場合、配管などが必要なくなるので軽量化につながる。当社は既に電車のブレーキを手掛けている。これまでは自動車で培った技術を他に展開してきたが、電動化では鉄道車両の技術を見ながら車の方を考える」

 --新技術の開発方針は

 「必要とされている軽量化などを考えた上で、新しいタイプを先行開発している。ブレーキの仕組みは40~50年変わっていなかったが、今年6月には新構造のブレーキを発表した。環境対応では、摩耗粉を閉じ込めて外に出さない『MR流体ブレーキ』も開発している。今のブレーキの代替をするだけでなく、機能を付加していきたい」

 --経営者として大事にしていることは

続きを読む

このニュースの写真

  • EVなど「大変革期」に新製品を開発 曙ブレーキ工業の信元久隆社長
  • EVなど「大変革期」に新製品を開発 曙ブレーキ工業の信元久隆社長
  • EVなど「大変革期」に新製品を開発 曙ブレーキ工業の信元久隆社長

「ニュース」のランキング