産経ニュース

【酒と海と空と】(2)若手記者が体験 3年目の佐渡「辛口産経」造り 朝メシ抜きが後になって… 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【酒と海と空と】
(2)若手記者が体験 3年目の佐渡「辛口産経」造り 朝メシ抜きが後になって… 

仕込み使われるタンクの中に入り中を洗う太田記者=新潟県佐渡市の学校蔵 仕込み使われるタンクの中に入り中を洗う太田記者=新潟県佐渡市の学校蔵

 産経新聞社が、佐渡の地域振興を支援しようと始まったオリジナル酒「辛口産経」の製造が今年で3年目を迎え、新潟支局の若手、入社2年目の太田泰記者が1週間、佐渡に泊まり込んで酒造りを体験した。その様子を6回にわたりリポートする。初日は蒸し上がった米と格闘し、クタクタになった太田記者。さて2日目は…。

5時半起き

 7月14日。「眠い…」。意識しているわけでもないのに、どうしても声が出てしまう。

 今日は午前7時半から「切り返し」と呼ばれる作業をするため、午前5時半に起きて学校蔵に向かう。旅館の外に出ると島の東からギラギラと太陽が照りつけ、早起きのセミがもう金切り声を上げている。今日も暑くなりそうだ。 

 寝ぼけまなこをこすりながら学校蔵に着くと、同じ体験をする3人はすでに透明の帽子をかぶって、製麹室の前に待機していた。

 その1人である山本美広さんに「朝ご飯、食べましたか」と笑顔で聞かれる。そういえば今朝は布団からはい出すのがやっとで、朝食を食べる余裕がなかった。蔵人の1人、瀬下要さん(35)に「おはようございます。じゃあ、手を洗いましょうか」と声をかけられ、今日の作業が始まった。

続きを読む

このニュースの写真

  • (2)若手記者が体験 3年目の佐渡「辛口産経」造り 朝メシ抜きが後になって… 
  • (2)若手記者が体験 3年目の佐渡「辛口産経」造り 朝メシ抜きが後になって… 
  • (2)若手記者が体験 3年目の佐渡「辛口産経」造り 朝メシ抜きが後になって… 

関連ニュース

「ニュース」のランキング